FXとCFDトレードは週足でがっちり!

みなさんこんにちは!

KMAです。

連休中は、中国と台湾へ旅行に行っておりました。

もちろんその間はトレードをしておりませんでしたので、

本日から相場予想と結果報告を再開していきます。

 

突然ですが、みなさん

 

チャートの時間軸はどのように設定していますか?

 

スキャルピングをする方は、1分足、

 

デイトレードなら5分足、15分足

 

というように、手法に応じて様々な時間軸のチャート使っていると思います。

 

KMAのトレード手法は、

 

ポジションを数日間保有するスイングトレードなので、

 

週足チャートを見てトレード戦略を立てています。

 

週足チャートのメリットは

・ダマシが少ない

・利益が大きい

この2点に尽きます

 

相場のトレンドは、時間軸の大きなチャートほど流れて強くなります

 

逆に言えば、時間軸の小さしチャートは、

 

トレンドの発生回数こそ多いのですが、

 

トレンド自体の力が弱く

 

発生してもすぐにもとに戻ってしまう場合がほとんどです。

 

これがいわゆるダマシと呼ばれるものです。

 

このだましに引っかかってエントリーをしてしまうと、

 

結局は「行って来い」となってダブルパンチを食らうわけです。

 

このようなダマシを避けるには大きな流れでトレンドを捉えることが必要です。

 

しかも、一度トレンドを捕まえることができると、

 

大きくpipsをとることができますので

 

小額投資でそれなりの利益をとることができるようになるのです。

 

1分足のスキャルピングなどは、

 

1pipsをかすめ取るギャンブル性の高いトレードなので、

 

1回あたり100万通貨以上の大きなポジションでエントリーをしなければなりません

 

それだけに平常心を保つのが困難で

 

トレード結果も不安定なものになってしまう傾向があります。

 

自分のトレードがぶれぶれの人は、

 

長い時間足のチャートでトレードをしてみましょう。

 

週足チャートは特にお勧めです。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ