CFDと他の金融商品との比較

 みなさんこんにちは!

KMAです。

今回は、CFDのことをもっと詳しく知る為に、

CFDとFX、先物、株式を比較しながら、

CFDがどういう商品なのかを説明します。

CFDとFXの比較

まずは、CFDとFXを比べてみましょう。

CFDはFXに比べ、

マイナーで難しいイメージを持たれてしまいがちですが、

本当はFXに負けないくらい楽しくて魅力的な金融商品です。

CFD最大の魅力は豊富な取扱銘柄!

CFD最大の魅力は、その取扱銘柄の豊富さ。

FXで取引できるのはUSD/JPYやEUR/JPYといった通貨ペアですが、

CFDでは世界各国の株価指数やコモディティ、

株式など幅広い銘柄の取引をすることができます。

ただ数が多いだけでは、

どの銘柄を取引していいのか分かりづらくなってしまいますが、

日経225やTOPIX、ダウ平均などメジャー株価指数

または、金や原油などの商品を対象に

投資先を選んでいけば、

それほど迷うことなく

CFDとFXの3つの違い

色々な商品に投資できるのが魅力のCFDですが、さまざまな商品が取引できるため正しい理解が必要です。

取引時間

CFD 銘柄ごとに異なる

FX 月曜午前7:00〜土曜午前7:00
(月曜午前7:00〜土曜午前6:00/ 米国夏時間)

レバレッジ

CFD 株価指数CFD:10倍

   商品CFD:20倍

   株式CFD:5倍

   バラエティCFD:5倍

FX 最大25倍

ロスカット

CFD

新規注文約定時にロスカットレートが決定し、

現在値がロスカットレートに達すると建玉ごとに自動決済される。

FX

口座全体の証拠金維持率が一定水準を割り込むと全建玉が自動決済される。

このように、CFDでは、色々な商品を取引できる便利さの反面、

FXと異なってしまったり、

CFD同士でも取引時間やレバレッジの違いが発生してしまうことがあります。

そのため、一見難しそうに見えてしまうこともありますが、

FXとCFDに本質的な違いはないのです。

FXはCFDの一部と考えてよいでしょう。


CFDと先物

CFDには先物を原資産とした銘柄がたくさんあります。

代表的なものは、日本225や米国30、原油などです。

これらのCFDは、先物が原資産になっているものの、

先物とは異なる点がいくつかあります。

ここでは、日本225と日経平均先物を例に違い説明します。


日本225(CFD)と日経平均先物

手数料

日経225(CFD) 無料

日経平均先物 有料

 

取引単位

日経225(CFD) 日本225CFD価格の10倍

日経平均先物 ラージ 日経225先物価格の1,000倍 ミニ 日経225先物価格の100倍

 

取引時間

日経225(CFD) 月曜〜金曜の8:45〜翌6:15(米国夏時間 8:45〜翌5:15)

日経平均先物 9:00〜15:15、16:30〜3:00

 

取引形態

日経225(CFD) 店頭取引

日経平均先物 取引所取引

 

限月

日経225(CFD) なし

日経平均先物 あり

 

信託保全

日経225(CFD) あり

日経平均先物 取引所への直接預託

 


CFDと株式

CFDには、株式が原資産のものもあります。

米国株CFDと中国株CFDです。

参考までに、米国株の現物取引と米国株CFDの違いを見てみましょう。


米国株CFDと米国株(現物)

米国株CFDは、

アメリカのニューヨーク証券取引所とナスダックに上場している

個別企業の株式を原資産としています。

手数料

米国株CFD 無料

米国株現物 有料

レバレッジ

米国株CFD 5倍

米国株現物 1倍

新規売り注文(空売り)

米国株CFD 可能

米国株現物 不可能

配当金

米国株CFD 権利調整額として授受

米国株現物 あり

このように、CFDは効率的に資金を活用できるだけではなく、

現物の配当金と比べてもそん色ない魅力を持った商品なのです。

 

 

いかがでしたか?

CFDについて、ほんの少しだけ詳しくなっていただけましたでしょうか?

 

わたしのおすすめのCFD業者は、

GMOクリック証券です。

日本の業者なので、入出金がスムーズで、

信頼度が高く、取引ツールも充実しています。

小額から始められるのもよいですね。

 

3ステップFX トレードルールの解説 3

みなさんこんにちは!

KMAです。

今回は3番目のトレードルールについて解説します。

「3.前日のローソクが移動平均線にかかっていたら、ノーエントリー」

相場には必ず待ちの場面があります。

チャートの状態によっては、

買いか売りかを判断できない場面もありますので、

そのような場合には、エントリーをせずに

様子見の判断を下すことになります。

 

しかし、エントリーの判断基準があるように、

様子見にも判断基準が必要です。

そのためのトレードルールが3番目のルールなのです。

下のチャートで説明しましょう。

右から5番目の足が移動平均線にかかっていますよね。

 

この場合、翌日はエントリーをせずに様子を見ることになります。

このように、

ローソクの本体が移動平均線にかかっているかどうかで判断してください。

ヒゲだけがかかっている場合は、

様子見ではないと判断してかまいません。

 

このルールに沿って様子見をした日の足は

移動平均線のよりも下になりましたので、

トレードルール1に従って

次の日は、オープンと同時に売りでエントリーをすることになります。

 

いかがでしょうか?

この3ステップトレードルール®は勝率100%ではありませんが、

ルールに従ってトレードを継続することで、

高い確率で利益をこのスことが可能となります。

質問などがございましたら、

コメント欄にご記入ください。

可能な限り答えていこうと思っております。

よろしくお願いしま~す。

 

KMA

 

 

3ステップFX トレードルールの解説 2

みなさんこんにちは!

KMAです。

 

今回は2番目のトレードルールについて解説します。

「2.オープンでエントリー、クローズで手じまい」

 

つまり、下のチャートでいうと、

ローソク足1本分でトレードを完結させるということです。

トレードのタイプとしては、デイトレードに分類されます。

 

私が使っている業者では、

8:00オープン

翌日7:00クローズとなりますので、

8:00にエントリーをして、

翌日の7:00に手じまいをします。

そして、1時間後の8:00に

またエントリーをするということになります。

実際にPCやスマホの画面を見ているのは、

7:00~8:00までの1時間ということになりますね。

この時間は業者がメンテナンスをしている時間なので、

エントリーも手じまいもできない時間です。

ほとんどの業者にはメンテナンス時間がありますので、

この時間をトレードの区切りとします。

 

ずっとチャートを眺めていると、

レートの上下に一喜一憂してしまい、

損大利少になりがちです。

 

8:00のオープンと同時にエントリーしたら

あとは、仕事に行くなり、

家事をするなりして、

相場からは離れて過ごすとよいでしょう。

拘束時間が短いということも

3ステップFXのトレードルールの特徴です。

 

ちなみにこのトレード時刻は、

アメリカが夏時間になるとそれぞれ1時間早まります。

エントリーが7:00

手じまいが翌日の6:00となります。(日本時間)

ご注意ください。